離婚に伴い住宅ローンの名義変更をしたいのですが、どうすれば良いでしょうか?




2年前に性格の不一致が一番の原因として離婚しました。

そのほか、育児への協力が無い、一時的な暴力、転職の多さなどの原因があります。離婚の際に養育費、住宅ローンの残金の半分の返済について約束し、公正証書を作成しました。

その部分については毎月遅れることなく支払ってくれています。

住宅ローンについてはあと20年ローンが残っているため、先の10年間の毎月の支払いを私に支払う形です。

住宅は当時の相手の年収では購入ができなったために、私の年収で購入し共有名義にし、主債務者になる私の講座からの引き落としです。

離婚時の約束としてもう1つ、口約束ではありますが住宅の名義を私もしくは息子にかえる約束をしていましたが未だに変更手続きに応じてくれません。公正証書を作る際に公証人よりこの記載をするかどうか問われたときに、すぐに応じてくれると思っていたのが甘かったと今では思っています。

名義変更の手続きに必要な書類の作成のために本人しか入手できない書類をとってもらえるよう頼み、経費も大きくかかることから少し負担をしてもらえないか聞いたところ「今は名義を変えない」といい始めました。

もちろん理由などは一切無くTELやメールへの返事もまったく無い状態です。

私個人の感情としては、慰謝料も支払って欲しいところを住んでもいない(私と子供たちが住んでいます)住宅ローンを支払っているので慰謝料請求も遠慮していましたが、きちんとした理由もなく手続きに応じてもらえずそれなりの請求をしたほうがいいのかとも思っています。

まずは、この先私が住宅ローンを支払うようになったときに売却もできない状態になると本当に困ります。

もちろん私も休日無く仕事をしていますが、住宅ローンを支払える収入はありません。その上10年後に今の仕事を続けられている保障は何も無いのです(派遣とアルバイト収入で生活しています)

まずはスムーズに住宅の名義を変更する方法をご指導ください。

分かりにくい長い分になり申しわけありませんでした。

(質問no.534 12.06/02 お名前:かわひがしさん 京都府)




名義変更にはローン会社の承諾が必要です。

かわひがしさん、はじめまして。無料法律相談ネット・サイト管理人の北条たかとと申します。

まずはスムーズに住宅の名義を変更する方法をご指導ください。

まず住宅ローンの名義変更に関しては、ローン会社(基本的には抵当権を設定している銀行)から承諾を得る必要があります。

住宅ローンは、銀行と契約者との間で交わされた契約であり、その契約には当事者の離婚等の事情は関係ないからです。

そして今回、スムーズな名義変更と言うよりはそもそも名義変更への承諾そのものが得られる可能性が低いと言わざるを得ません。

先の10年間の毎月の支払いを私に支払う形です。

特に実際に住んでいない人間が名義人から外れる事により、銀行としては、家を出て行った夫が「自分の家ではないのだから、ローンの支払いを滞らせてもいいや」と少しずつ返済が滞ってしまう場合を警戒して、名義人の変更には基本的には応じないスタンスなのです。

場合によっては住宅ローンの一括返済を求めてくるケースもある位ですから、所定の手続きをすれば名義変更ができるとお考えであるならば改める必要があるでしょう。

この先私が住宅ローンを支払うようになったときに

住宅ローンを支払える収入はありません。

また上記のような事情があれれば尚更、単独名義への変更の承諾は得られないでしょう。(実務的には、かわひがしさんが単独で今ある住宅ローンの残債に匹敵する額の住宅ローンを申し込み、審査を受けなければいけません)

ですので、このようなケースの場合、旦那さん側に連帯保証人として入ってもらうか、資力のある親御さんや親類等に融資してもらうか連帯保証をしてもらう必要があるでしょう。

2年前に性格の不一致が一番の原因として離婚しました。

慰謝料請求も遠慮していましたが、きちんとした理由もなく手続きに応じてもらえずそれなりの請求をしたほうがいいのか

離婚すれば女性側が必ず慰謝料をもらえる訳ではありません。特に性格の不一致等を理由にした離婚の場合は慰謝料そのものが発生してきません。

仮に慰謝料請求権がある場合でも、離婚成立時より3年間で時効になりますので、どうしても請求の事があるのであれば、時効前に請求されるのが良いでしょう。

そうした事を弁護士さんに一度総合的に相談される事をお勧めします。

 

もしあなたが、離婚や夫婦仲について、本当は法律相談をしたい訳ではないのなら

「状況が変わります」「昔のラブラブだった状態に戻ります」

こう言われた時、あなたの心が揺れ動くなら、あなたがすべき相談は離婚の為の相談ではありません。(事実、ほとんどの夫婦関係はまだ改善&修復できるんです)

離婚、不倫、夫婦仲について、法律的な相談ではなく心の悩み相談をしたい人、した方がいい人へ