離婚の慰謝料、養育費、財産分与等、このまま審判で進んで良いのか?




正式な離婚後、多大や借金や不倫、その相手との間に子供認知(別居後11ヵ月後 離婚2ヶ月前)前夫一人の名義だったので、住居を抵当に入れての高額なセカンドローンの設定。(別居後半年、離婚半年前) などなどが発覚し、離婚届提出後1年10ヶ月ごろ、調停の申立て。

3回の調停を経て、決まったのは 年金分割のみ。

離婚時は、彼は不倫した相手との間に子供がいたため、とにかく早く離婚しなくてはならず、非常に友好的で、私に対してきわめていい条件を協議書上で合意。(財産分与は7対3等々)。まんまと騙されました。

そのときに、ひどい態度をとってくれていればそのときに対処できたのですが。。。。。

離婚時に二人で合意した離婚協議書は全く履行されず、経済状態が急に悪くなり一切払えなくなった。の一点張り。

しかし、元妻に無断で家を抵当に入れて借り出した約5千万円の現金は、どこにあるか不明。会社名義で借りたので会社の運転資金に使ったと口先ではいいつつ、証拠品は何も出さず。審判でもその証拠を出すようにいわれいるが、未提出。

養育費、財産分与は審判に移行。慰謝料請求の申立もしているがこれは、審判には移行できず、財産分与の計算に含めて欲しいという希望を沢山の証拠品などとも裁判所に出している。

上記が現状で、今2回目の審判の準備中。このまま審判で進んでいいのか、不安になってきたため、先のことを知る必要を感じ、相談いたします。  

審判が下された後に、その結果が不服であり、どちらかから即時抗告を出した場合の双方の手続きや必要な提出書類、時間的制限などと教えてください。(即事抗告をする側と受ける側)

(質問no.231 お名前:岡村さん 東京都)

回答募集中。

 

もしあなたが、離婚や夫婦仲について、本当は法律相談をしたい訳ではないのなら

「状況が変わります」「昔のラブラブだった状態に戻ります」

こう言われた時、あなたの心が揺れ動くなら、あなたがすべき相談は離婚の為の相談ではありません。(事実、ほとんどの夫婦関係はまだ改善&修復できるんです)

離婚、不倫、夫婦仲について、法律的な相談ではなく心の悩み相談をしたい人、した方がいい人へ