不倫相手と婚約までいきましたが、元妻とよりを戻した為、慰謝料請求されています。どうすれば良いですか?




私は妻子がありながら元同僚と不倫関係にあり、離婚後、その彼女と同棲をしていました。

同棲時に結婚式場の予約をほぼ独断でされ、気持ちの整理が付かず、別れを決めその後元妻とよりを戻しました。

2年後、その彼女から損害賠償を請求されています。内容は結婚式の予約までしていた段階でのこちらからの婚約破棄で精神的にショックをうけ心療内科で治療を受けているとのこと。

元妻と離婚する際にその条件として50万円の支払いを求められそれに応じている。妻と復縁したことがさらに心の傷を大きくしたものとして、500万の請求をされました。

治療費、通院交通費、慰謝料、その他式場申込金を含めての金額だそうです。2週間以内に回答をしなければいけないのですが、どのような対応がベストでしょうか?

現在は復縁し、妻はこの行為に対して自分の行為を棚に上げ、自らの被害のみを私に対して行っていることにたいして憤りを感じております。

妻も元同僚に慰謝料を請求し、示談とするのがいいのか、私自身、今何をすればいいのかわからない状態です。

勝手なお願いだとは重々承知していますが回答よろしくお願いします。

(質問no.492 12.05/13 お名前:山崎さん 宮崎県)




婚約破棄したのであれば、慰謝料の支払い義務はあります。

山崎さん、はじめまして。無料法律相談ネット・サイト管理人の北条たかとと申します。

婚約破棄で精神的にショックをうけ

不倫相手とは言え、奥様と別れた後で婚約をしたのであればそれは有効なものですし、それを破棄したのであれば、婚約破棄に対する慰謝料の支払い義務は発生してきます。

妻と復縁したことがさらに心の傷を大きくしたものとして、500万の請求をされました。

精神的苦痛に対する評価は人それぞれであり、算定額を幾らにするか自体は、請求する人の自由ではありますが、争いになった場合の慰謝料額の相場というものもありますので(因みに、婚約破棄の慰謝料の相場額は50万円~200万円が殆どを占めます)、この部分は充分争う余地はあるでしょう。

2週間以内に回答をしなければいけないのですが、どのような対応がベストでしょうか?

既述の通り、婚約破棄したのであれば支払い義務自体はありますので、この部分は止むを得ませんが、金額に関して、相手の請求をそのままを飲む必要はありません。

2週間以内に回答をとの事ですが、回答をせず無視するか(裁判での答弁でもない限り、相手の要求通り回答をしなければいけない法的な義務はありません)、支払いの部分のみ同意して金額は交渉するか、又はそうした事を全て法律専門家(今回のケースでは弁護士さんが良いでしょう)に依頼するかのいずれかになります。

この内、どれがベストという事はありません。ご自身で選択する事ができます。

と言うのは、返答しようがしまいが、金額の部分で当事者の意見が折り合わなければ交渉としてはまとまりようが無く、そこから先、調停にするか訴訟にするかは、慰謝料を請求している不倫相手の選択ですので、こちら側としてはどうする事もできないからです。

ですから、現段階で相手方と交渉する余地がなさそうであれば、相手が訴訟を提起してくるのを待てば良いでしょうし(請求して来ない可能性もありますし)、放っておくのが不安であれば、今の段階から弁護士さんに依頼して対応の全てを任せた方が良いでしょう。

元妻と離婚する際にその条件として50万円の支払いを求められそれに応じている。

妻はこの行為に対して自分の行為を棚に上げ、自らの被害のみを私に対して行っていることにたいして憤りを感じております。

とは言え、不倫に関しては慰謝料の支払いと言う事で区切りはついていますから、今回の婚約破棄の慰謝料請求とは別個のものとして考える必要があります。

妻も元同僚に慰謝料を請求し、示談とするのがいいのか、

既述の通り、示談する場合は額面で折り合いをつけなければいけません。ですので、示談しようと思っても相手の請求している額が大きい今回のケースではまとまらない可能性が高いと思われます。

尚、今回は奥様が慰謝料請求をする根拠がありません。あくまで請求を受ける側です。

私自身、今何をすればいいのかわからない状態です。

最終的にはご自身の判断となりますが、私見としては弁護士さんに依頼して対応を任せる方が良いのではと考えます。その上で、相手方が訴訟等の場で慰謝料を請求してきた場合には、そうした場での決着にならざるを得ません。

 

もしあなたが、離婚や夫婦仲について、本当は法律相談をしたい訳ではないのなら

「状況が変わります」「昔のラブラブだった状態に戻ります」

こう言われた時、あなたの心が揺れ動くなら、あなたがすべき相談は離婚の為の相談ではありません。(事実、ほとんどの夫婦関係はまだ改善&修復できるんです)

離婚、不倫、夫婦仲について、法律的な相談ではなく心の悩み相談をしたい人、した方がいい人へ