1度生活保護を切ると、2回目の申請が認められない事が多いと聞きましたが本当でしょうか?




生活保護についての相談です。

年齢49歳 県庁所在地に次ぐ2番目に大きい地方都市の公営住宅在住、単身者、保護費は総額8万円(家賃2万円)です。

質問の内容は

(1)1度生活保護を切ると2回目申請しても認められないことが多いと聞きました。本当でしょうか?

(2)保護受給中に短期の仕事が決まり、保護を一時的に停めるようお願いし、早く抜け出す為毎日残業して数十万円を稼ぎました。数ヵ月後仕事が終り保護の再開をお願いしたところ稼いだ数十万円の殆どを国庫に返納するように言われました。

事前にそのようなことを聞かされていなかったのでショックを受けました。

収入がまだ手元にあるので保護の再開はしばらくできませんというなら納得なのですが殆ど返納といわれても実際には仕事をするにあたり出費もかさみあまり残っていません。事前に聞かされていたなら、この仕事には行かなかったと思います。

事前に聞かされていなかったのに返納しなければならないのでしょうか?

(3)ハローワークで知り合った同市公営住宅在住の保護受給者の41歳妻帯者と53歳単身者に話を聞いたところ二人とも13万5千円もらっているとのことでした。私の保護費8万円は妥当なのでしょうか?

上記よろしくお願いいたします。

(質問no.276 お名前:furutaさん 長野県)




回答準備中