無料法律相談ネット

無料法律相談ネット
信頼できる法律家に会う為に、法律相談の方法・ポイント・注意点

TOP行政書士3 

頼りになる行政書士〜身近な街の法律家


行政書士事務所リンク・3

このリンク集に記載されているサイトは、管理者が優良であると判断したサイトです。(相互リンクも募集中です
必ずしも、無料相談を実施しているサイトだけを記載している訳ではありません。(相互リンクが確認できないサイトやリンク切れサイトは定期的に削除しておりますので、最新のサイト情報を見て頂けます)

尚、有料であれ無料であれ、相談時にはきちんとしたモラル・マナーを。
(参考ページ→無礼な法律相談絶対にNG!

※1ページあたり50サイトまでの掲載です。(リンク確認:13.05/15)

行政書士桐山事務所
会社設立、NPO法人設立、内容証明、相続、遺言等の手続き代行、家系図制作サポート。

行政書士いとう事務所
著作権登録、存在事実証明、プログラム登録、著作権契約書の作成等。

秋元良一行政書士事務所
交通事故相談、内容証明、遺言、相続等の業務案内。

笹部行政書士事務所
NPO法人設立、会社設立、産業廃棄物収集運搬業許可申請、帰化申請等の業務案内。

林秀樹事務所
法人設立支援、建設業、運送業等の許可申請、内容証明郵便による悪徳商法対策、遺言、相続手続き支援等。

相続遺言で失敗しない為の基本知識
遺言書作成、相続等の解説、相談、手続き代行。

解決クーリングオフマニュアル
訪問販売、悪徳商法のクーリングオフ代行、中途解約、内容証明作成の解説、相談。

解決遺言・遺産相続手続
遺言書、遺産分割協議書の作成代行。遺言の基礎知識、相続手続きの解説等。

石川行政書士事務所
相続・遺言、会社等の設立、建設業許可や各種許認可、会計等の業務を行っています。

中山太行政書士事務所
法律に関する問題は慎重に進めていかないと解決が難しくなります。専門家を積極的に活用してください。

井上行政書士社会保険労務士事務所
公官署への適正な手続きとアドバイスを提供いたします。

会社設立、自動車登録、車庫証明の青木行政書士事務所 | 愛媛県松山市
愛媛県松山市の行政書士。クーリングオフ、内容証明、会社設立の手続き。

悪徳商法から解放されたい!相談室
クオレ行政労務オフィスが運営。期限が過ぎている場合でも諦めずに、まずはお気軽にご相談下さい。

永住ビザ申請サポートデスク
永住ビザへの変更を希望する外国人の方に代わって永住ビザ申請書類を作成し、申請いたします。

みほま総合事務所
大阪和泉市の行政書士、一級建築士、マンション管理士、海事代理士、みほま総合事務所です。

相続の無料相談|春日部相続遺言相談センター(行政書士つむぐ法務事務所)
春日部市、越谷市を中心に埼玉県下の相続に関するあらゆる手続きをサポート。

行政書士山口事務所
離婚・相続・遺言・帰化 相談の窓口。お困りのことがあれば、遠慮なく気軽にご相談ください。

東京ビザ申請サポート 行政書士小松原事務所
在留資格(ビザ)取得をお考えの方、まずはお気軽に当事務所までご連絡ください。

行政書士春山事務所
どのような事でもお気軽にご相談下さい。

行政書士 迫口定富事務所
日常生活の様々なご相談を承っております。まずはご相談下さい。

行政書士やぎやま法務事務所
お困り事をまず話しください。お聞きした後、必要なサービスをご案内・ご提供いたします。

前田行政書士事務所
福岡での会社設立・定款作成なら当事務所にお任せください。

ダイコーサービス 行政書士 関口事務所
自動車に関する各種登録・申請を承ります。登録・申請についてのご相談は無料ですのでお気軽にお電話下さい。

ビザ申請取次行政書士 岩田事務所
ビザ申請は法務大臣認証の「申請取次行政書士」が取得を代行します。

岡村行政書士事務所
後見・相続・遺言のアドバイザーです。ご要望に応じて遺言執行者・成年後見制度の後見人も行います。


マンションの騒音問題を巡っての攻防

マンション上階での子供の走り回る音が受忍限度を超えているとして、東京地裁で慰謝料60万円、騒音の調査費用、64万円を支払う旨の判決が出ました。

この件の騒音数は45〜66DB(デシベル)だったそうですが、基本的に55を超えるとかなり大きな音として聞こえます。このような音が昼間だけではなく、午後9時を過ぎても聞こえていたようで、裁判所は上の階に住む親が配慮すべき義務を怠ったと判断したのです。

この判決自体は妥当なものであると考えますが、専門業者の調査で分かった点が非常に興味深いですね。

通常、我々の考えであれば、音を防ぐ為にマットをひいたりしますよね。事実、その部屋に住んでいる住人から見ればそのマットのおかげで音が軽減されたと考えます。

でも、下の階でその音を聞くと、デシベル数としては「全く変化がない」んです。それは何故か?

実は、下の階で騒音として聞こえる音は、例えば歩く際や物が床に落ちた際に生じる「振動」がコンクリートの床に伝わって下の階まで音として聞こえてしまうからなんです。

ですからマットを敷いても、子どもが飛び降りる音などは、それほど小さくならないという訳なんです。

今回の判決の中では、午後9時から午前7時までは40dデシベル、午前7時から午後9時までは53でしべるに達する音を出してはならないと命じていますが、これはかかとをつけてドスドスと歩かなければ生じない程度のデシベル数ですので、必要以上の心配は要りません。







copyright© 2006-無料法律相談ネット All Rights Reserverd.
無料法律相談ネット の許可なく当サイトの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。